テーマ:

君の膵臓をたべたい/住野よる

昨日、帰宅中の電車とバスで読み終えた小説。テレビを見たらアニメ版が放映されていて驚く、危なく結末を知る前にアニメを見てしまう所だった。 小説版の内容がカットされている所や、小説版には無いシーンが追加されていたけど、話の内容と結末はほぼ同じ。 主人公の内面の描写がカットされていた為か、自分のイメージとは違った人間像に感じられた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しずかな日々/椰月美智子

来週から小学校は夏休みと聞いて思い出した小説。 今年も夏休みラジオ体操が中止らしい・・・ラジオ体操のピアノ譜を見ていたら演奏してみたくなった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教場2/長岡弘樹

オリンピックの影響で警察官を最近見かける様になり思い出した小説、お巡りさんも大変な職業だなぁ・・・ あまり続編を読まない主義だが、前作「教場」の印象が強く読んでしまった。前日譚の「教場0」も発行されているが読む機会があるか謎。ドラマも少し視たが、イメージと違った為か自分には合わなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森崎書店の日々/八木沢里志

古本屋で思い出す小説。 近所に古本屋が無い、もし有ったら毎日の様に通って立ち読みで長時間読み耽りそうだ・・・逆に近くに無くて良かったのかも?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテルローヤル/桜木紫乃

コロナ禍で経営難のホテル業界の番組を観て思い出した小説。 旅行でホテルを利用する事が殆んど無い為、最後に利用したのは何年前だろう?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕僕先生/仁木英之

コロナウイルス蔓延で思い出した小説。 原因不明病気の蔓延や、自然災害の原因を、昔は神様の仕業にしていたのだなぁ・・・「八百万の神」と言う位だからコロナの神様も居るのかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左手に告げるなかれ/渡辺容子

万引き現場に遭遇して思い出した小説。 そういえば骨折してからスーパーでの買い物時はカートにバックをぶら下げていた・・・万引き犯に見られそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舟を編む/三浦しをん

辞書を見ると思い出す小説、最近はwebで調べてしまう為か辞書を手にする機会が減ったなぁ・・・ 「下駄箱」の名称が死語の扱いになりつつあるらしく驚いた、最近の学校では「靴箱」との名称に変わっているらしい。時代の流れか・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明るい夜に出かけて/佐藤多佳子

漫才やコントの番組を見て思い出した小説。ゴメンナサイ、描写されている実在する芸人さん(有名らしい)を初めて知りました・・・ 24時間営業のコンビニエンスストアが当たり前になっているが、よく考えたら有難い事だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八月の六日間/北村薫

まだ骨が付いてない為、山歩きが出来ないG.Wで思い出した小説。 思い出したら行きたくなってしまうじゃないか!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボトルネック/米澤穂信

自分の存在が周りに影響を与えているのか?・・・と考えた小説。 結果がどうあれ、自分が選んだ選択に後悔はしたくないと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

償いの椅子/沢木冬吾

片腕が不自由なので思い出した小説。 完治の見込みがあれば努力もするし我慢もする。もし一生歩けない、動かせない等の告知されたら受け入れる自信は無いなぁ・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の旅/吉村達也

入院生活で思い出した小説。今回6人相部屋での生活で、色々な患者さんに会う。 眼科の日帰り入院の方、交通事故で長く入院されている方、簡単な骨折の手術で直ぐ退院出来る予定が血液の病気が判明して長期入院になった方、別病院で転倒し転院してきた方・・・回復して帰宅出来るだけでも有難いと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ

入院の暇潰し用にラジオと本を持ち込む。 腹膜炎で入院した時に熱が下がらなく、テレビを眺めるのすら辛く、本も内容が頭に入らず文字が横すべりした時にラジオ番組に救われた。 意外と隣のイビキや別部屋からの雄叫びが気にならない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小桜の栞

先日訪れた靖国神社で見つけた小桜の栞 今の状態で本を読むのは結構大変。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あかぼし俳句帖/原作:有間しのぶ 作画:奥山直

俳句のテレビ番組で思い出して、古本屋で探している最中の漫画。(マイナーなジャンルの為か、発行部数が少ない為か、なかなか見つからない・・・) 俳句にしても音楽にしても想いを表現するのは難しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我ら荒野の七重奏(セブテット)/加納朋子

演奏会が近くなると思い出す小説。楽団の裏方は大変だよ・・・ 独奏をソロ、二重奏をデュオ、三重奏をトリオ、四重奏をカルテット、五重奏をクインテットと言う名称までは知っていたが、六重奏をセクステット、七重奏をセブテットの名称は初めて知った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十字架/重松清

誕生日で思い出した小説。 最近は生命保険の外交員とかが教えてくれるが、昔は自分の誕生日を忘れて1ヶ月以上過ぎてから気付く事がよくあった・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三年坂 火の夢/早瀬乱

最近、火事が多いので思い出した小説。 火事が多いのは年末年始のイメージがあったが、この時期は大火が多いらしい。 火の用心!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の科学マガジン

本屋で見付けた「大人の科学マガジン」、ふろくのエレクトリック・スチールドラムに惹かれて購入。 遊んでみようかと思ったら、組み立てないとダメだったのね・・・作るのは好きだけど組み立てる暇があるかな? テルミンのセットも売っているらしい、少し気になった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜のピクニック/恩田陸

足が痛い時に思い出した小説。 ようやく普通に歩ける様に回復してきたが、足の痛みを我慢して仕事した為か、噛み締めが強くなり首が寝違え状態に・・・次ぎの練習までに回復できるかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

握る男/原宏一

自粛要請で打撃を受けている外食産業のニュースを見て思い出した小説。 美味しい御寿司を食べに行きたくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more