テーマ:

大人の科学マガジン

本屋で見付けた「大人の科学マガジン」、ふろくのエレクトリック・スチールドラムに惹かれて購入。 遊んでみようかと思ったら、組み立てないとダメだったのね・・・作るのは好きだけど組み立てる暇があるかな? テルミンのセットも売っているらしい、少し気になった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜のピクニック/恩田陸

足が痛い時に思い出した小説。 ようやく普通に歩ける様に回復してきたが、足の痛みを我慢して仕事した為か、噛み締めが強くなり首が寝違え状態に・・・次ぎの練習までに回復できるかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

握る男/原宏一

自粛要請で打撃を受けている外食産業のニュースを見て思い出した小説。 美味しい御寿司を食べに行きたくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日の記憶/荻原浩

最近、物忘れが酷くなって思い出した小説。 自分がアルツハイマーなのでは疑いたくなる作品、最後まで残しておきたい記憶は何だろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山と渓谷 2021年1月号

昨年末に購入した「山と渓谷 2021年1月号」 雑誌の存在は知っていたが購入するのは初めて。目当ては日本百名山のルートマップ。 今まで日帰り出来そうな所しか登っていない、行ってみたい所は1泊以上しないと難しい・・・ルートマップを見ていたら想いが馳せてしまった。 今年の気になった福袋が無かったので、山専門店でアウトレット商品のザック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪冤/大門剛明

合唱で思い出した小説。 年末に第九の合唱を歌うのは日本独自の慣習らしい、今年は演奏できるのかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒地の恋/ねじめ正一

父の命日で思い出した小説。 父の他界する原因となった病気が記載されている。病気が解った当時は色々と病気の事を調べたが医学的な事だけだった為、同じ病気に掛かった当事者の内面を綴ったのは考えさせられた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

となり町戦争/三崎亜記

国が分裂する程の選挙戦で思い出した小説。 人が二人集まると戦争になると言う例えは聞いた事があったが、支持者が違うだけで友人や知人、殆ど知らない人々と戦争したくないなぁ・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全版ぼくらの/鬼頭莫宏

昔、自分がハマっていた漫画、後日譚と前日譚が新たに追加された完全版が発売との事。 10年以上前の作品だけど久々に読み返してしまった、個人的にはキリエ編が好み。 「鬼◯の刃」を購入する気はおきなかったが、コチラは最終巻だけ即買い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

dele/本多孝好

給湯のお風呂が沸いたメロディを聴くと思い出す小説。 「人形の夢と目覚め」テオドール・エステン作曲 有名なピアノ曲らしい、全く知らなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

い草の栞

雑貨店で見つけた、い草の栞。 畳って、こんな匂いだったかしら?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町長選挙/奥田英朗

国、町、会社、組織、楽団等のトップが替わるのは色々と大変・・・ 満場一致の独裁政権も困るけど、バラバラで崩壊するのもねぇ・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブランケット・キャッツ

ペットレンタルで思い出した小説、ペットもレンタル出来る時代なのね。 色々な家にたらい回しされるのと、無責任な飼い主に飼われるのと、どちらが良いのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イン・ザ・プール/奥田英朗

最近は小学校入学前からプール教室で習っているとの話を聞いて思い出した小説。 自分は田舎で育った為か、遊びの延長でいつの間にか泳げていたけどなぁ・・・今の方が泳げるか怪しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブックカバー

コロナウイルスの影響で延期になっていた出向先の仕事で御徒町へ寄る。 松坂屋近辺でフリーマーケットが出店していて気になるブックカバーを見つけたので購入。全て手作りとの事、裏地がマカロンなのは謎。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂漠/伊坂幸太郎

九州地方の豪雨被害で思い出した小説。 「どこか遠くの彼方には難破している人たちがいるんだ、こんなに多くの難破を前に腕をこまねいてはいられない、我慢しろ、今、ぼくらのほうから駆けつけてやるから!」サン=テグジュペリ著 なかなか堂々と言える人間に成れない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

叫びと祈り/梓崎夕飯

コンゴ共和国でエボラ出血熱流行のニュースで思い出した小説。 コロナの影響の為か、以前より怖さの感じ方が増した気がする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慟哭/貫井徳郎

予想外の展開で思い出す小説、ラストの衝撃に再読した作品。 よく考えたら現実でも予想通り物事が進んだ事など無いなぁ・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内部告発者/滝沢隆一郎

SNSでの誹謗や中傷で思い出した小説。 「勝者のアラを探して嫉妬心を和らげ、敗者の弱点を突いて優越感を得る」・・・日本人の快感原則らしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more